不動産査定とは何?買取の査定とは?

口コミ評価

5
(2)
星5つ ★★★★★ 2
星4つ ★★★★ 0
星3つ ★★★ 0
星2つ ★★ 0
星1つ 0
     

不動産査定とは何?買取の査定とは?の口コミ・評判

口コミ件数2件


不動産の査定とは、売却の予想価格を算出することです。あくまで不動産会社の意見価格であり、その金額で売却できることを保証するものではありません。

仲介を前提とした不動産の査定は、不動産会社が買い取る価格ではありません。仲介とは、あくまでも不動産会社か買主を探すことをサービスとした業務です。

仲介における査定額とは、あくまでも「当社で仲介をしたら、これぐらいの価格で購入してくれるお客さんを見つけることができます」という価格になります。

なので、査定額よりも安くしか売却できない場合もありますし、査定額よりも高く売却できることもあります。

不動産の売却では、一般的に買主探しに、3ヶ月ぐらい時間がかかるのが一般的です。そのため、査定額で出てくる価格は、約3か月で売却できる価格になります。

すぐ売却したいのであれば、値段をかなり下げれば、すぐに買主を見つけることはできます。

買取の査定の場合は、不動産会社が直接買い取る価格ですので、売却額は不動産会社が提示する価格で確定します。買取は不動産会社が買い取ってくれるので、即売できるメリットがあります。

しかし、買取は不動産会社による下取りなので、買取の価格は安くなります。買取価格の目安は、仲介の売却価格を100%とした場合、80%ぐらいになります。

なので、高く売却したい場合には、仲介を選択します。