上手な査定の依頼方法とは?

口コミ評価

星5つ ★★★★★ 0
星4つ ★★★★ 0
星3つ ★★★ 0
星2つ ★★ 0
星1つ 0
     

上手な査定の依頼方法とは?の口コミ・評判

口コミ件数0件


査定とはあくまでも売却の予想価格です。予想なので、査定をする人によって査定額はバラつきます。

例えば、一番安い査定額と一番高い査定額では700万円もの差があることがあります。

つまり、1社だけの査定では、その査定額が適切なのかどうか判断することは難しいのです。また、より高く売れる可能性がなくなってしまいます。

不動産の売却で損をしないためにも、必ず複数の不動産会社から査定額を取得するようにしましょう。

査定の前に必要な準備について

査定を受ける前に、下記の書類を準備しておくとスムーズに査定を受けらます。

戸建てやマンションなど物件種別によって必要書類は若干異なりますが、ほぼ共通しており、最低限必要なものは、下記の3種類しかありません。

目的 取得場所
登記済権利証 登記名義人の変更 市役所
間取り図と測量図 物件情報の確認 市役所
【家の場合】建築確認済証、検査済証 建築基準を満たしてるかの確認 市役所

これらの資料があれば、物件の信用度や資産価値も高くなります。また、購入希望者に物件の内容をスムーズに伝えられるというメリットもあります。